過払い金返還後ローンを組みたい場合

若気の至りでカードローンやキャッシングをたくさん利用して、それで借金の返済が苦しくなってしまったという人は結構います。その借金の多くは、真っ当な金利で貸し出されたカードローンやキャッシングでしょう。しかし中には、グレーゾーン金利で貸し出された借金かもしれません。

 

そんなときには、過払い金返還請求を起こすことができます。借金の返済に苦しんでいる人の中には、利息の支払だけで大変だという人もいます。そんな人は、実はグレーゾーン金利でお金を借りている可能性があります。その利息は手続きをすれば戻ってくることが多いです。

 

ただしその後、住宅ローンや自動車ローンなどローンを組みたいといった場合、過払い金返還請求をしたという事実は関係してくるのでしょうか。これはケースによって異なります。まず、過払い金が返還されて借金が完済できた、もしくは最初から完済している場合、ローンを組むのに何の支障もありません。

 

影響がでてくるのは、過払い金が返還されてもなお借金が残っている場合です。この場合過払いではなく「任意整理」という扱いになります。任意整理はいわゆる事故情報に含まれますので、一定期間新規でローンを組むことはできなくなります。

 

ただし、軽い気持ちで進めるのではなく、しっかりと任意整理デメリットも知ってから手続きをして下さい。