暗証番号をしっかり管理する

カードローンの利用は借りているという上での立場での違いはあれど、基本的な方法は銀行の自分の口座からお金を下ろすときとなんら変わりはありません。カードをATMに入れて、暗証番号を入れてお金を引き出す。その行為はとても単純で、極めて手軽なものであるといえます。

 

だからこそ、暗証番号の管理はしっかりと行わなければなりません。もし万が一暗証番号が家族や友人、名も知れぬ誰かに知られてしまい、カードから勝手に借り入れを行われてしまった場合に、その損害をカードローン会社に求めることはできないのです。自分が利用したものとして、その後返済に努めていかなくてはならないのです。

 

暗証番号は、できるだけわかりにくいものに設定しましょう。自分の生年月日や、単純な数字の並びは危険です。人に知られることのない数字を暗証番号にし、それを人に知られないように管理してください。カードと一緒に、番号の手がかりになるものを保有しないようにしましょう。

 

暗証番号を定期的に変更していくと、より安全にカードローンを使えるようになります。特別な手間がある訳でもなく簡単に行えることなので、コールセンターやATM、自動契約機を利用して暗証番号変更の手続きをしてみて下さい。